守り髪にはシャンプーで危険とされている成分は含まれている?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

守り髪シャンプー&トリートメントは、カラーやパーマによって傷んだ髪を修復させる効果に期待がきる口コミでも人気な商品となっていますが、

守り髪シャンプーの危険性について気になりますよね。

この記事ではシャンプーで一般的に危険と言われている成分が守り髪には配合されているのかを紹介していきます。

シャンプーに入っていると良くないとされる3つの成分とは?

1.ラウレス硫酸

どこのサイトを見ても一番良くないとされている成分が「ラウレス硫酸」です。この成分は、洗浄成分の1つなのですが、数多くある洗浄成分の中でも特に洗浄効果が高いと言われている成分でもあります。

「洗浄力が強いなら汚れも綺麗に落とせて良いんじゃないの?」

と思われるかもかもしれませんが、洗浄効果が高すぎると、頭皮の皮脂が余分に落とされ、頭皮や髪が傷んでしまう原因にもなります。

洗浄力というのは強ければいいということではなく、適度な洗浄力が一番効果的です。

 

2.ラウレル硫酸

先程紹介したラウレス硫酸に似たような名前の成分、「ラウレル硫酸」も危険な成分とされています。この晴雨bンは合成界面活性剤という種類の成分であり、強い洗浄効果がある成分です。

しかしこの成分も洗浄効果がたかすぎるという点からシャンプーにはおすすめできない成分です。

洗浄効果が高すぎる成分を使ってしまうと、頭皮湿疹や炎症を引き起こす可能性も0ではありません。

合成界面活性剤の成分が含まれているシャンプーは頭皮や髪に与えるダメージが強いので、あまりおすすめできません。

薬局などで販売されている比較的安いシャンプーに合成界面活性剤が含まれている事が多い為、肌が弱い方は注意が必要です。

 

3.シリコン

シャンプーやトリートメントで髪を洗った後、髪がさらさらになる効果を与えるシリコン成分ですが、シリコンは髪や頭皮に悪影響を与えます。

シリコンについてあまり詳しく知らない方は、「髪が綺麗になったから良いんじゃないの?」と考えている方も多いいと思いますが、シリコンはダメージ補修成分の浸透を妨げる事があります

髪にダメージを受けていない方が使うのであれば配合されていても問題は無いのですが、ダメージ髪を改善しようと考えている方にとってはシリコンは厄介な成分でもあります。

また、シリコンが髪や頭皮に付着したままだと頭皮の毛穴が詰まってしまい、抜け毛の原因にもなりますので、もしシリコンシャンプーを使用するならば、シャンプーの洗い残しにはご注意下さい。

 

守り髪には危険な成分は入っている?

では、守り髪には上記で紹介した様な危険な成分は含まれているのでしょうか?

守り髪の全成分を解析して紹介していきます。

守り髪の成分一覧↓


水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドDEA、BG、ココイルグルタミン酸TEA、ココアンホ酢酸Na、セラミド2、セラミド3、セラミド6Ⅱ、γ-ドコサラクトン、クオタニウム-18、クオタニウム-33、ベヘントリモニウムクロリド、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解シルク、加水分解コラーゲン、メドウフォーム-δ-ラクトン、アルガニアスピノサ核油、サピンヅストリホリアツス果実エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl、ポリクオタニウム-10、アラントイン、グリチルリチン酸2K、センブリエキス、オタネニンジン根エキス、ヒキオコシ葉/茎エキス、クララ根エキス、トウキンセンカ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、カミツレ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、フィトステロールズ、トコフェロール、シア脂、コレステロール、ラウロイルメチルアラニンNa、トリイソステアリン酸PEG-160ソルビタン、プロパンジオール、ペンチレングリコール、エタノール、PG、塩化Na、ペンテト酸、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料


 

  • ラウレス硫酸→無し!
  • ラウレル硫酸→無し!
  • シリコン→無し!

 

先程紹介した3つの危険な成分は守り髪には含まれていないことを確認できました◯

 

守り髪は防腐剤である「パラベン」が含まれています。

「パラベンは危険!」

といった様な口コミが様々なサイトで多く見られますが、パラベンは何十年も前からシャンプーの防腐剤として使用されており、安全な防腐剤ですのでご安心下さい。

ただしパラベンにアレルギーをお持ちの方は購入は控えたほうがいいかもしれません。

 

シャンプーに入っていると良いとされる成分も含まれている!

逆にシャンプーに入っていると良いとされる成分も守り髪には入っていました。

それが

  • ココアンホ酢酸Na
  • ココイルグルタミン酸TEA

の2種類の成分です。

守り髪はアミノ酸シャンプーで、これらの成分はアミノ酸系由来の洗浄成分です。

アミノ酸シャンプーは低刺激なのが特徴で、肌が弱い人や敏感肌の人でも安心して使えるシャンプーなのではないでしょうか?

また、人間の髪はアミノ酸で出来ていますので、同じ成分が主成分のシャンプーを使うことで髪に馴染みやすい効果もあります。

 

守り髪の成分については、

  • 保湿成分
  • ダメージ補修成分
  • 洗浄成分

といった観点からこちらの記事でも紹介しています。

関連記事 守り髪の成分ってどんな効果があるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。