守り髪の成分から分かったシリコンシャンプーの危険性とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ティエラコスメティクスの守り髪はダメージ髪の改善を目的としたシャンプーですが、守り髪の成分を調べているとノンシリコンシャンプーというのが気になりました。

そこでノンシリコンシャンプーについて調べていると、シリコンシャンプーの危険性を知ってしまったのです。

正直、私はシリコンシャンプーはもう使えないとすら思えた衝撃の事実をご覧ください。

 

シリコンシャンプーの危険性とは?

シリコンってご存知ですか?

シャンプーには、

  • ジメチコン
  • ジメチコンコポリオール
  • フェニルトリメチコン

といった成分名で配合されているのですが、このシリコンの目的はズバリ、髪をサラサラにするということです。
「サラサラになるなら良いシャンプーなのでは?」

って思いますよね。そこが危険なんです!

シリコンシャンプーで髪を洗うと、シリコン成分が髪に付着します。髪1本1本全体をコーティングしていくような具合で、髪をコーティングしていきます。

….

..

.

表面をコーティングしただけなので髪内部はダメージを受けたままですよ?

 

シリコンが髪の表面にコーティングされていることにより、

  • 頭皮環境の悪化
  • 薄毛の可能性

といった危険性もあります。

 

ダメージを受けていた髪でもサラサラに見せる事ができるシリコンシャンプーですが、実は根本的な解決にはなっていないのです。ダメージ髪でなければシリコンシャンプーを使っていても問題は無いかと思いますが、傷んだ髪を治したいと考えているのであれば、シリコンが含まれていないシャンプーである「ノンシリコンシャンプー」がオススメです。

※ノンシリコンシャンプーにもデメリットは有り※

シリコンシャンプーはデメリットばかりの成分ではありましたが、ノンシリコンシャンプーにもデメリットはあります。

それは、髪がパサつきやすいいったことです。

そんなデメリットを抑えるために守り髪ではナノリペアーという成分が配合されています。

この成分が配合されていることにより、傷んだ髪を修復し、髪のパサつきを抑えることができます。(このナノリペアーは守り髪の主成分の1つでもあります)

ただしこのナノリペアーには1点だけ注意点があります。

それはドライヤーを使わないとナノリペアーの成分が反応せず、守り髪を使う意味がないといったことになるということです。

「髪が傷んで悩んでいるのにドライヤーを使ったら髪を余計傷めるから使わない」といった方も守り髪を使う以上、ドライヤーは必ず必要となりますのでご注意下さい。

髪が傷むのが嫌な方は髪の毛から20センチ以上離した上でドライヤーをしてみてください。こうすることで髪の傷みを最小限に抑えてナノリペアー成分の効果を発揮することが出来ます。

 

トリートメントにもシリコンが含まれている

シリコンはダメージを受けた髪には良くないということがわかっていただけたかと思います。ですがシャンプーのボトルを見てもシリコンといった表記はないんです。

  • ジメチコン
  • ジメチコンコポリオール
  • フェニルトリメチコン

といった表記で書かれることが多いのですが、その他にもシリコンの成分名はあります。

そこでノンシリコンシャンプーと書かれているシャンプーを購入することになるかと思うのですが、セットで購入するトリートメントに注意して下さい。

シャンプー・トリートメント一緒のシリーズのものを購入することが多いかと思いますが、実はシャンプーでノンシリコンと書かれていてもトリートメントにはシリコンが含まれていたといったことがあるのです。

これは単純に、シリコンが含まれていたら手触りが良くなるため、”トリートメントの効果らしさ”を出すためだけにシリコンが配合されています。

シャンプーでいくらノンシリコンにこだわっていても、トリートメントにシリコンが含まれていたら意味がないですよね。

 

なら結局どれを選べばいいの~(泣)

といった方に守り髪がオススメです。

守り髪はシャンプー・トリートメント共にノンシリコンで作られています。

↓↓↓

守り髪の成分にから見えたダメージ髪への効果とは?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。